自己破産とは

自己破産とはどういうこと?

借金が限界で返済が行き詰まる

 

自己破産は借金の額が多すぎて、一生かけても返済できない時にする債務整理の方法です。

 

自己破産をすることで借金という重い荷物から解放され、人生再出発が可能になります。しかし、デメリットもあるので、実行する際には慎重な判断が必要です。

 

自己破産ってどういうもの?

自己破産は、債務整理の方法のひとつで、破産法という法律に基づき返済できないほど多額の借金を背負った人を救済する制度です。

 

本来なら借りたお金は貸した相手に契約通り利息とともに返済するのが当然ですが、返済できなければ仕方ありません。

 

完済の見込みがない借金を返済し続けていても意味がないのです。そんな人のために自己破産という制度があります。

 

借金がどうしても返せない時の債務整理です

このように自己破産とは、どうしても借金を完済することができない人のために設けられた制度です。そのため、自己破産を申請すると裁判所で審査があります。

 

裁判所の審査は書面だけでなく、最低1度は自分が裁判所に行き、裁判官の前で陳述をする必要があります。弁護士が同行してくれますが、この手続を省略することはできません。

 

気軽にするものではありません

このように自己破産は、軽々しく気軽にするものではありません。

 

自己破産をすれば借金が気軽にチャラになると思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、申請すればフリーパスではないのです。

 

なぜ、自分が自己破産をしなければいけない事態になったかをしっかりと反省してもらう必要があります。その上で、裁判所から自己破産の許可がされ、借金から解放、つまり免責されるのです。

 

自己破産のメリットは?

 

借金がすべてなくなり晴れ晴れ

 

自己破産はいくつかある債務整理の中で一番効果が大きい方法です。

 

裁判所から免責の許可が出れば、自分が背負ってきた巨額の債務から解放されます。

 

完済など一生できないと思いつつ返し続けた絶望的な日々から逃れることができるのです。これが自己破産の最大のメリットと言えるでしょう。

 

債務が消滅します

自己破産の申請をして、裁判所から免責許可が出ると手続をした債務の全てがなくなります。
裁判所から債権者である消費者金融や信販会社などに通知をするため、その瞬間に支払義務が消滅するのです。

 

自己破産の申請の際に、自分が背負っている借金の全てを申請しますが、その相手に通知をします。法律に基づく手続なので、契約書などがあっても全て無価値になってしまうのです。

 

人生再出発ができます

こうして、借金などの返済義務がなくなるため、今まで絶望的な気分で返済を続けていた毎日が一転します。収入のほとんどを借金返済に充てていたのであれば生活の立て直しができるでしょう。

 

膨大な借金に人生をあきらめかけていた人も、人生再出発ができます。これで救われたと感謝している人がいっぱいいるのです。

 

自己破産のデメリットは?

 

借金が無くなる代わりのペナルティー

 

ただ、このように効力が大きな自己破産にはデメリットもあります。

 

単に「かわいそうだから」というだけの理由で自己破産をさせるわけではありません。人生再出発をさせたり、意味のない返済を継続させなかったりする救済策なのです。

 

もっとも、その事実は広く伝える必要があります。借金を返済できずギブアップしたことは軽い話ではないのです。

 

官報に載ります

このため、自己破産をすると官報に載ります。自己破産を申請した時と、自己破産をして免責が許可された時の2回です。

 

官報に載っても見る人がいないから大丈夫ということはありません。今の官報はデジタル官報なので、官報に載ってから1か月間は誰でもネット経由で見ることができます。

 

また、官報の会員になれば、昔の官報も見ることができます。PDFの形式なので見やすいこともあり、一般の会社などでも会員になっていることがあります。

 

将来の就職や結婚などの際に障害となりかねません。

 

5年間は借入もクレカも使えません

また、自己破産をすると5年間は借入もクレジットカードも使えません。スマホの機種変更を分割払いにしようとしてもできません。

 

これは信用情報機関に自己破産をしたことが登録されるためです。このデータは最低5年間はこのデータは消えません。借入やクレカの申込をしても門前払いですし、クレカの継続もしてもらえません。

 

自己破産はこうやるのがお勧め

 

専門家に相談したい

 

では、実際に自己破産をどのようにすればいいのでしょうか。

 

弁護士に相談しましょう

自己破産はメリットのみならずデメリットもあります。他の債務整理の方法で対応できればそちらを選択すべきであることがほとんどです。

 

ただ、その判断は素人では難しいものです。いずれにしても弁護士などに相談することが必要です。

 

自分でやってはいけません

また、最近は裁判所の担当官が「親切」に自己破産の手続を教えてくれます。しかし、先ほど述べたようにメリットもデメリットもある自己破産なので、やはり専門家である弁護士や司法書士に相談の上行うのが良いでしょう。

 

自分で債務整理をしようとすると、とてもハードルの高いものだと気づくことになります。専門家に依頼してそれなりの報酬を支払ってでも代行してもらう価値は十分にあるといえるでしょう。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

 

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。

自己破産とは記事一覧

「自己破産」はだれも耳にしたことがあるけれど、どういうことなのか具体的に知らない人も多いのではないでしょうか?自己破産とは簡潔に言うと、裁判所に「破産しました。借金をもう返せません」と申し出て、支払えずに残っている借金の全部をゼロにしてもらう、ということ。実際にはいくつかの手続きや段階があるわけですが、それらは弁護士などこの道の専門家に依頼するのが現実的です。弁護士に相談し、自己破産を依頼すれば、...