債務整理のメリット、デメリット、費用について

債務整理とは

債務整理とは、債務(=借金)を整理して問題を解消していこうということ。
つまり借金の元本や金利を減らしたり、免除してもらうことで、重い借金の負担から解放されるための手続きのことです。
借金をした理由は人によってさまざまですが、借金を重ねていく中で冷静さを失ったり、無計画なまま浪費するなどして返済能力を超えるような額の借金をしてしまう人は意外と多いのです。
返済できずにひとりで悩み苦しみ、最悪の場合、自殺したり夜逃げをするというケースも少なくありません。
どんな金額であってもお金で人生を棒に振るなどということがないように、法律によって債務整理という借金問題の解決法があるのです。
大きすぎる借金の整理をして生活を立て直すことができるように、という救済策といえるでしょう。

 

債務整理のメリット、デメリット、必要な費用について記事一覧

いろんな業者から借金をしすぎてどうにもこうにもならなくなった、借金を返済していたけど収入がなくなってしまったため、返済ができなくなってしまったという人には債務整理の中でも自己破産という方法があります。自己破産は債務整理の中で最も有名なもので名前も知られているのではないでしょうか。簡単に言うと借金を0にしてしまうということです。これだけ聞くととてもいいものに思えますが、同時にかなりのリスクがつきもの...

借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合に、債務整理がおこなわれます。借金の額が多く返せなくなってしまった人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談してみましょう。すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が解決策を話し合います。月に幾らなら返済できるかなどを話し合い、その後、毎月幾ら返済するかが算出されます。個人再生に必要なお金というのは頼んだ弁護士や司法書士次第で変わってきます。お金がな...

借金がたくさんありすぎてもう返済を続けていくことができない。収入を借金が上回ってしまった。返済すると生活できないのでまたほかのところから借入する自転車操業など借金によってがんじがらめになってしまった。そういう場合は債務整理してみるのはどうでしょうか。債務整理と聞くと、多くの方が「自己破産」を連想するようですが、実は債務整理こそが借金返済のコツといえるもの。つまり債務整理とは借金を整理して支払をしや...

債務整理をするべきタイミングはいつなのでしょうか。はっきりとしたタイミングはありませんが、目安として月々の返済額が月収の30%を超えると日々の生活がしにくくなってきます。そうしたときに債務整理を考えてみてはいかがでしょうか。また、利息分の返済で精一杯で元金がほとんど減らないというときは今後その借金の返済は不可能です。お金を払い続けても借金が減らないということになり、毎月お金を捨てているようなもので...

多くの人が借金で生活が苦しいから債務整理をと考えると思います。では債務整理をするとして、費用はどのくらいかかるのでしょうか。費用は着手金と成功報酬が主にかかります。裁判所が関与する場合、予納金も払う必要があります。その他、印紙代などの実費も払う必要がある場合があります。債務整理の種類によって費用は万単位から十万単位まで大きく幅があります。費用だけ見るととてもじゃないけど払えないという印象を持つでし...

債務整理に一定の要件はありません。どんな人でも債務整理をすることができます。では全て自力で手続きできるかというとそうではありません。自分でやろうと思えばやれないことはないのですが、何度も債権者や裁判所とやり取りしなくてはいけません。専門の知識もそこそこ持っていないと手続きは難しいですし、交渉するにも相手にされないでしょう。特別な場合を除いては弁護士や司法書士などの専門家にお任せしたほうが手続きはス...

個人再生には何個かの不利なことがあります。一番大きいのは高額であるということで、減額した以上に弁護士に払うお金が多かったなんて事例もあるのです。しかも、この方法は手つづきが長期間になるため、減額適用となるまでに長い時間を要することが多いのです。私は様々な消費者金融から融資をうけていたのですが、返せなくなって、債務整理をしなければならなくなりました。債務整理にも様々な方法があり、私に行ったのは自己破...