自己破産最大の利点は返済の免除

自己破産で全ての借金を0にする

いろんな業者から借金をしすぎてどうにもこうにもならなくなった、借金を返済していたけど収入がなくなってしまったため、返済ができなくなってしまったという人には債務整理の中でも自己破産という方法があります。
自己破産は債務整理の中で最も有名なもので名前も知られているのではないでしょうか。
簡単に言うと借金を0にしてしまうということです。
これだけ聞くととてもいいものに思えますが、同時にかなりのリスクがつきものなので、自分は債務整理をするにあたり、メリットとデメリットを見極めてメリットのほうが多いと思う人は自己破産をするといいと思います。
まずメリットとしては今までいくら借金があっても0にできるということです。0にして新しい生活のスタートを切ることができます。ほかの債務整理と同様に貸金業者からの催促も止まります。
デメリットは持ち家や車などの金額が大きい財産は没収されてしまいます。現金も一定額以上のものは没収されます。ブラックリストに載るため借金やローンを組むことはできません。

 

忘れがちなのは携帯電話の分割払いもローンの1つなので携帯電話の本体代は現金一括払いにするようになります。
その他官報に名前が載ったり一定の職業に就けないなどありますが、一番注意したいのは保証人をつけた借金については保証人がすべての返済責任を負うことになります。
保証人をつけている場合は本当に自己破産してもいいのかをよく考える必要があります。
これらのことを総合的に考えて自己破産するか決めましょう。

借金の返済義務から逃れられる

債務整理のメリットは

自己破産の利点は免責となれば借金の返済義務から逃れられることです。どうやってお金を返すか悩んだり、金策に走り回らないでよくなります。

特に、あまり財産を持っていない人には、借金返済で手放さなくてはいけないものが少しなので、利点が多いと思われます。
借金が返せないほど増えた場合に、返済義務のある人は、弁護士をとおして債権者と話をして、返済額の調整をすることになります。
これが任意整理と言った手つづきですが、任意整理の際に、銀行の口座が、使えなくなることがあります。
銀行に預金があるのなら債権者に持って行かれてしまうので、任意整理が行なわれる前に、引き出しておきましょう。

 

自己破産をしなければいけない場合、身の回りのものや日常生活を再建するための少しの出費の他は、全て自分のものでなくなります。自宅とか土地と言った資産の他に、ローン返済中の自動車も手放すことが必要です。
ただ、ほかの人が返済しつづける事に、債権者が了承すればローンを返済しつづけながら所持することも可能になります。個人再生をしようとしても、不認可となる場合があるのです。
個人再生をするにあたり、返済計画案を出す必要がありますが、これが裁判所で通らないと不認可となります。もちろん、不認可となってしまえば、個人再生を行うのは無理です。
借金の額がおお聞くなってしまって任意整理をすることになった場合、また、新たに借金をしようとしたり、クレジットカードを創りたいと考えても、情報が信用機関に残るため、審査にクリアすることが出来ず、数年程度はそのようなことを行えないといった事になるのです。借金をすることが癖になった方には、かなり厳しい生活となるでしょう。

 

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。

関連ページ

借金を自力で返済不能になってしまった時は
借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合には債務整理を選択すべき時です。返済できずに滞納したままにしておくと最悪の場合は強制執行という事態になりかねません。
債務整理とはどういうこと
借金返済がもう不可能となれば、債務整理を具体的に考える段階と言えます。債務整理とは過大な借金を法的に、あるいは債権者との交渉で減免していこうとすること。
債務整理をするべきタイミングは?
借金の返済に行き詰まって債務整理を考えている、という場合に実際にするべきタイミングというものがあるのでしょうか?
債務整理の費用はどのくらいかかるのか
債務整理をするにも費用が必要です。実際にはトータルでどのくらいかかるのでしょうか。また、具体的にどうやって支払っていくべきなのでしょうか?
どんな人でも債務整理できるのか
誰でも、どんな人でも債務整理することはできるの?何か一定の要件を満たさなければできないものなのでしょうか?
個人再生すると起きるいくつかの不利なこと
個人再生は財産を残しつつ債務整理を進めるためにいくつか私たちにとって不利になるポイントもあります。