債務整理とは

債務整理とは

債務整理すべきなのか?

借金がたくさんありすぎてもう返済を続けていくことができない。収入を借金が上回ってしまった。

返済すると生活できないのでまたほかのところから借入する自転車操業など借金によってがんじがらめになってしまった。そういう場合は債務整理してみるのはどうでしょうか。

 

債務整理と聞くと、多くの方が「自己破産」を連想するようですが、実は債務整理こそが借金返済のコツといえるもの。つまり債務整理とは借金を整理して支払をしやすくする手続きです。
借金にまつわる言葉で自己破産というのがありますが、自己破産も債務整理の種類の1つです。では、債務整理には具体的にどういうものがあるでしょうか。

 

種類は5つあって過払い請求、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停があります。
これらは借金の負担を軽くしたり、または借金を無くしたり、払いすぎている金利を取り戻したりする手続きです。
それぞれにメリット・デメリットがあり、借り入れ状況や経済状態によって適する手続きが変わってきます。

 

例えば過払い請求は、すでに借金を返済し終わっている人なら費用があまりかからずに専門家に手続きしてもらえて金額や取引年数によってかなりの金額が戻ってくる可能性があります。返済途中でも手続きできる場合もあります。
また、あまりにも借入金額が多くてかつ車や住宅などの財産を持っていない場合は自己破産で借金を0にする方法もあります。
いずれにせよ今の状態に比べると負担が軽くなるのは間違いないですからまずは弁護士や司法書士等の専門家に相談してみるのがオススメです。相談だけなら無料というところがたくさんあるのでぜひ第1歩を踏み出してはいかがでしょうか。

債務整理を任せるのは弁護士か司法書士か

借金で悩んで専門家に相談するには誰に相談したらいいのでしょうか。
自分以外で債務整理の手続きを代行したりするのは弁護士か司法書士になります。では弁護士と司法書士はなにか違いがあるのでしょうか。

 

まず、弁護士に関しては債務整理の全てを扱うことができます。司法書士に関しては制限があり、1社ごとに借金が140万円以内であれば代理人として案件を扱うことができます。
これは過払い金を含めた金額です。借金と過払い金の差引で140万円以下であれば扱えるということです。
しかし、140万円を超えてしまう場合、司法書士は代理人になることができなくなってしまい、新たに弁護士に依頼しなければいけなくなります。

 

では司法書士に依頼するメリットはどんなものなのでしょうか。一番のメリットは費用ではないでしょうか。弁護士と司法書士との費用を比べてみるとほとんどの場合、司法書士の費用の方が安いです。
これは扱える範囲に制限があるため安いのではないかと思います。
そして、今はCMなどで過払い金請求などを堂々とアピールしている時代なので、多くのメディアで宣伝をしている法律事務所はある程度割高であっても知名度があるため依頼者には不足しないでしょう。

 

どちらの専門家に依頼するかは借金の金額にもよりますが、費用を安く抑えるか、裁判所が関わるような債務整理になっても安心して任せられるかなど自身の目的によって決めるのもいいでしょう。
また、依頼前の相談を1社だけでなく2〜3社まわってみるのもオススメです。

債務整理をすると債権者からの取り立ては

債務整理中に返済はしなければならないのか、返済のとりたての連絡が来るのではないかと心配になると思います。
債務整理の手続きを始めると債権者に対し受任通知というもの債務整理中に返済はしなければならないのか、返済のとりたての連絡が来るのではないかと心配になると思います。

 

債務整理の手続きを始めると債権者に対し受任通知というものを送ります。
簡単に言うと、これを送ることによって債権者にこれから債務整理しますとお知らせするということです。
お知らせが来た時点でとりたてをしてはいけないという法律があるので、電話などのとりたての連絡はなくなることになります。
もし受任通知を送った後でとりたての電話等がきた場合、違法となりますから、すぐに依頼した弁護士や司法書士に連絡をしましょう。
その業者は刑罰または行政処分を受けることになっています。

 

毎月の返済が追いつかなくてとりたての電話にビクビクしていたりする人には本当に安堵の期間となります。
精神的にとても疲れている状態でもう電話が来ないというほっとした気持ちを忘れないでいてください。
借金を無くしてしまえばとりたての電話なんていっさい来ないのですから。

 

注意しておきたいのが違法な闇金から借りている場合です。
受任通知を送って債務整理が始まったからと言ってとりたてがすぐ止まるかといったら必ずしもそうではないのです。
もともと違法な業者なので法律など守るわけがありません。
素直にとりたてをやめてくれるところもあれば、受任通知など一切無視でしつこくとりたてをしてくるところもあるのです。
そういう時はすぐに弁護士か司法書士に連絡をとってください。それでもだめなら警察の力を借りてでもとりたてをやめてもらいましょう。

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。

関連ページ

自己破産の利点は借金の返済を免れること
自己破産の利点は免責の許可が出ることにより借金全額の返済を免れることです。しかし、それなりのペナルティーがあることも覚えておいてください。
借金を自力で返済不能になってしまった時は
借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合には債務整理を選択すべき時です。返済できずに滞納したままにしておくと最悪の場合は強制執行という事態になりかねません。
債務整理をするべきタイミングは?
借金の返済に行き詰まって債務整理を考えている、という場合に実際にするべきタイミングというものがあるのでしょうか?
債務整理の費用はどのくらいかかるのか
債務整理をするにも費用が必要です。実際にはトータルでどのくらいかかるのでしょうか。また、具体的にどうやって支払っていくべきなのでしょうか?
どんな人でも債務整理できるのか
誰でも、どんな人でも債務整理することはできるの?何か一定の要件を満たさなければできないものなのでしょうか?
個人再生すると起きるいくつかの不利なこと
個人再生は財産を残しつつ債務整理を進めるためにいくつか私たちにとって不利になるポイントもあります。