債務整理をするタイミングがあります

債務整理をすべきケースとタイミング

債務整理するタイミングはいつ?

債務整理をするべきタイミングはいつなのでしょうか。

はっきりとしたタイミングはありませんが、目安として月々の返済額が月収の30%を超えると日々の生活がしにくくなってきます。そうしたときに債務整理を考えてみてはいかがでしょうか。
また、利息分の返済で精一杯で元金がほとんど減らないというときは今後その借金の返済は不可能です。お金を払い続けても借金が減らないということになり、毎月お金を捨てているようなものです。
それよりも債務整理をして完済できるようにした方がいいのではないでしょうか。
あともうひとつの目安として借金の返済のためにほかのところから借金をしなければならなくなった時です。こちらのケースも自力での完済はまず無いといってもいいでしょう。

 

実際に債務整理を行う前に、必ず弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが良いです。手続きにはよきタイミングがあるかもしれませんが、相談するのはできるだけ早い方がいいです。
早いほどダメージが少なくて済む解決法が見つかるでしょう。
借金を多く抱えてしまうと、家族に内緒にしておきたいがために自力でなんとかしようとまたほかのところから借りたり、知人にお金を借りたり、闇金などの違法なものから借りてしまったりして余計借金を増やしてしまうケースが多くあります。
ここまで来てしまうと失うものが多くなってしまい債務整理で金銭的に解決しても精神的・社会的なダメージはかなり大きくなってしまうのでそうなる前に専門家に相談しましょう。

債務整理のことは家族や勤務先に内緒にしたい

家族や勤務先には内緒で借金を繰り返しした結果、返済しきれなくなってしまった。債務整理をしたいけど借金をしていたのがバレるのが怖くてできない…。こういう人が多いのではないでしょうか。
債務整理の種類によって家族や勤務先にバレにくいものとバレやすいものがあります。
特に任意整理と過払い金請求の場合は、主に弁護士や司法書士が窓口になって債権者とやりとりするので関連書類は自宅に送られては来ません。誰にも知られずに手続きが終了することがほとんどです。
ただし、手続きを依頼・契約する時に郵送でのやりとりを希望している場合は弁護士や司法書士から書類が届きます。
その時は封筒に弁護士や司法書士などと書かずに、個人名だけで郵送してもらうなどして家族に怪しまれないようにする必要があります。

 

個人再生と特定調停は裁判所からの書類や連絡などが自宅に行くようになるので、家にずっといることの多い専業主婦以外は隠しておくのは難しいでしょう。
自己破産の場合は財産を持っている場合はどうしてもバレてしまう可能性が高いです。車や住宅ローンは旦那さん名義のことが多いためです。
逆に奥さんは財産を持っていることが少ないのでバレずに破産している人も多くいます。いずれの債務整理でも注意したいのが保証人を立てているときです。
保証人がいるとどうしても督促の連絡などが保証人に入ってしまうのでバレてしまいます。そしてクレジットカードも家族と共用にしている場合は注意する必要があります。

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。

関連ページ

自己破産の利点は借金の返済を免れること
自己破産の利点は免責の許可が出ることにより借金全額の返済を免れることです。しかし、それなりのペナルティーがあることも覚えておいてください。
借金を自力で返済不能になってしまった時は
借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合には債務整理を選択すべき時です。返済できずに滞納したままにしておくと最悪の場合は強制執行という事態になりかねません。
債務整理とはどういうこと
借金返済がもう不可能となれば、債務整理を具体的に考える段階と言えます。債務整理とは過大な借金を法的に、あるいは債権者との交渉で減免していこうとすること。
債務整理の費用はどのくらいかかるのか
債務整理をするにも費用が必要です。実際にはトータルでどのくらいかかるのでしょうか。また、具体的にどうやって支払っていくべきなのでしょうか?
どんな人でも債務整理できるのか
誰でも、どんな人でも債務整理することはできるの?何か一定の要件を満たさなければできないものなのでしょうか?
個人再生すると起きるいくつかの不利なこと
個人再生は財産を残しつつ債務整理を進めるためにいくつか私たちにとって不利になるポイントもあります。