債務整理にかかる費用は

債務整理で必要になる費用はいくら?

多くの人が借金で生活が苦しいから債務整理をと考えると思います。では債務整理をするとして、費用はどのくらいかかるのでしょうか。
費用は着手金と成功報酬が主にかかります。裁判所が関与する場合、予納金も払う必要があります。その他、印紙代などの実費も払う必要がある場合があります。

 

債務整理の種類によって費用は万単位から十万単位まで大きく幅があります。
費用だけ見るととてもじゃないけど払えないという印象を持つでしょう。

借金の思い負担を背負う

もちろんこちらは借金が返済できなくて債務整理するのですから高額な費用は払えません。弁護士や司法書士側もそれを百も承知です。
そこで、公的な扶助制度を使って費用を支払うことができるのです。

 

この制度は民事法律扶助といいます。簡単に言うと弁護士や司法書士側が費用を立て替えてくれる制度なのです。あとは弁護士や司法書士に相談の上、分割払いにして費用を払うことになります。
この扶助制度を希望した場合、弁護士や司法書士側はそれを尊重するようにしなければならないということになっています。
費用の説明の際もこの制度を知らない場合、制度の説明をしたうえで支払い方法を選択できる権利をあたえるようになっています。
費用だけを見て自分には債務整理なんてできないと思わずに、問い合わせてみるのもいいでしょう。
相談する際は相談料がかかる場合もありますから、市などで実施している弁護士等の無料相談などを利用してみるのもおススメです。

債務整理と過払い請求 払いすぎた利息を取り戻す

最近テレビのCMなんかで目や耳にすることのある過払い金とは何のことでしょうか。
過払い金とは債務整理の種類の1つで、借金を返済する際に払ったお金のうち払いすぎているものを過払い金といいます。

 

その払いすぎているお金は手続きすれば返還してもらえることになっています。これが過払い金請求です。
手続きをするには司法書士か弁護士に依頼して手続きを行うことになります。自分でもできるのですが、貸金業者との交渉が必要になるため何の知識もない個人では相手にされないのがほとんどです。
債務整理の知識と経験をもった司法書士か弁護士にお願いするのがいいでしょう。

債務整理と戻ってくる過払い金を思う

では過払い金請求をするメリットとデメリットはどういうものでしょう。
まず最大のメリットは払ってしまったお金が戻ってくる可能性があるということです。借金の金額や返済期間にもよりますが、借金の元金よりはるかに多く戻ってくる事例もあるのです。ちなみに完済している借金の過払い金請求を行ってもブラックリストに載ることはありません。

 

デメリットはあえて言うと過払い金請求をするともうその貸金業者からはお金が借りられないということです。
しかしこれは考え方によってはもうお金を借りなくてもよくなった、借りられないから借金できないとも考えられます。
債務整理で過払い金が戻ってきたのを見て、これほどむだにお金を払い続けていたのかと驚いてもう借金する気が起きなくなったという人も大勢います。
もし、完済した借金があるという場合は過払い金があるかどうか司法書士や弁護士に相談してみるのもいいのではないでしょうか。

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。

関連ページ

自己破産の利点は借金の返済を免れること
自己破産の利点は免責の許可が出ることにより借金全額の返済を免れることです。しかし、それなりのペナルティーがあることも覚えておいてください。
借金を自力で返済不能になってしまった時は
借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合には債務整理を選択すべき時です。返済できずに滞納したままにしておくと最悪の場合は強制執行という事態になりかねません。
債務整理とはどういうこと
借金返済がもう不可能となれば、債務整理を具体的に考える段階と言えます。債務整理とは過大な借金を法的に、あるいは債権者との交渉で減免していこうとすること。
債務整理をするべきタイミングは?
借金の返済に行き詰まって債務整理を考えている、という場合に実際にするべきタイミングというものがあるのでしょうか?
どんな人でも債務整理できるのか
誰でも、どんな人でも債務整理することはできるの?何か一定の要件を満たさなければできないものなのでしょうか?
個人再生すると起きるいくつかの不利なこと
個人再生は財産を残しつつ債務整理を進めるためにいくつか私たちにとって不利になるポイントもあります。