借金 返済 方法

無理のない借金返済方法ってある?

どの方法を選べばよいのか

 

借金返済をしていてもローン残額が減らないと悩んでいる人の中には、自力ではどうしようもないことがあります。増えていく一方の利息ばかりを返済しているためです。

 

そんな際には無理をせず、弁護士の無料相談を受けて、債務整理に踏み切るのも一つの方法といえます。

 

また債務整理はさておき、ひとまず無料相談で最適な解決法を聞いてみる、という手もあります。果たして自分の現状で返済を継続できるか確認するのもよいでしょう。

 

実際に返済可能かを考える

 

現実的に考えると、月々の返済額、現状の収入、最低限必要な生活費、この3つの金額のバランスから考えなければいけません。

 

さらに要する期間も考えるべきでしょう。現状の残債をいったいいつになったら完済できるのか考えることも大事です。時間は限られています。人生は長いと思っていても時が立つのはあっという間。

 

それでは一刻も早く借金問題を解決するにはどうしたら良いのか、について考えていきます。

 

減らない理由

 

しばらくクレジットともお別れの身

 

借金返済を毎月していても元本が減らないと嘆いている人は少なくありません。年収200万の人が、何らかの事情で200万円の債務を抱えていると、毎年36万円の利息が必要です。
つまり、毎月3万円です。毎月3万円の返済をしていても元本は全く減りません。元本が減らないと嘆く人が多いのは当然でしょう。

 

支払っているのは利息だけ

 

このように消費者金融などでお金を借りても利息ばかり支払っていることがほとんどです。

 

最近は銀行系カードローンで年収以上の借入をしてしまい、自己破産を強いられているというニュースを見ることがあります。自分の給料だけでは完済の目処が立たなければ仕方ないのでしょう。

 

こうなる前に何らかの手立てを打ちたいものですね。

 

自力で完済不能

 

消費者金融では年収の3分の1以上借入をすることができませんが、銀行系カードローンなら可能です。

 

銀行は、新聞記事などで問題になる前には年収以上の貸付をしていたのです。

 

他社のカードローンやクレジットカードのリボ払いを合わせれば年収をはるかに超える残高になってしまう事も珍しくありません。こうなると自力では完済できないでしょう。

 

ではどうすれば?

 

生活費を削ってもぎりぎりだから

 

では、このような事態になってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

自力で完済できなければ、死ぬまで借金返済の奴隷となってしまいます。

 

働けるうちはいいとしても、定年退職したり、職場の経営不振で減給や解雇になってしまったりしたら悲劇です。

 

実は、そんな人は決して珍しくないのです。だから、新聞紙上などで社会問題として取り上げられているのです。

 

債務整理が最良の手段

 

このような事態になったら債務整理が最良の手段です。下手に頑張ってはいけません。

 

ちょっとでも早く事態を改善し、返済の見込みがない借金を完済しなければいけません。

 

もっとも、債務整理と聞くと自己破産を思い浮べる人も多いでしょう。しかし、債務整理にはもっと別の方法もあります。

 

利息減免の任意整理がお勧め

 

実際に債務整理をする人の多くは、利息だけ減免される任意整理の方法で債務整理を実行しています。

 

元本だけを一定期間で返済することを条件に、利息を減免する和解文書を交わし、金融機関との契約を変更するのです。

 

判断は弁護士

 

生活も少しは上向いていくかも

 

ただ、自分だけで債務整理はできません。特に金融機関との交渉が必要な任意整理は自分だけで実行しようとしても相手にされません。

 

専門家の弁護士が代理人として交渉するからこそ、相手も交渉に応じるのです。

 

自己流の判断は危険

 

債務整理をする際、自己破産を安易に選択する人が少なくないようです。

 

最近は、裁判所が親切に指導してくれるため、自己破産を自力でできるようになっています。

 

ただ、裁判所の人は、書類作成を親切に教えてくれますが、その後にどのようなリスクが生じるかは教えてくれません。

 

裁判所の人もリスクを知らないことがほとんどだからです。

 

無料相談を受けてみましょう

 

債務整理の方法はいろいろとあり、自分だけで判断できません。

 

自己破産は最後の手段であり、官報掲載のリスクを考えると安易に選択できません。

 

弁護士も若い人に自己破産を勧めることはなく、勧める際も「やむを得ず」勧めているのです。

 

そんな相談を弁護士は無料で受けてくれます。利用しない手はないでしょう。

 

これで完済

 

借金ともおさらばできる

 

債務整理の方法をどうするかは別として、債務整理を開始することで借金返済に大きな道筋ができます。

 

債務整理をすることで毎月の返済額が利息ではなく、元本返済に直接作用するのです。

 

今まで「完済」ということは考えたこともなかった人も少なくないでしょう。

 

しかし、これで意識すらしたことがない完済に向かって歩き出すことができます。

 

3年から5年

 

任意整理の場合、大体3年から5年間で元本を完済することを条件にして和解することが多いです。

 

弁護士は、依頼者の収入などから元本完済ができるかどうかを判断し、その上で決断します。

 

 

一度、任意整理が決まったら弁護士経由で支払をして行くことになります。

 

複数の借入先に対して個別に返済するのではなく、弁護士が分割して支払ってくれますから、手間も省けるでしょう。

 

完済したら自由の身

 

こうして完済すれば晴れて自由の身です。

 

しばらくはクレジットカードも利用できず不自由をするかもしれません。

 

しかし、最近はデビットカードがあるので特に不自由を感じることはないはずです。

 

デメリットを最低限にして、メリットだけ最大限に受けるコツは、弁護士への債務整理の相談と言えるでしょう。

 

 

債務整理は、信用情報機関にブラックリストとして登録されるリスクがあります。

 

しかし、無理なく完済に向けて行動することの方が大切でしょう。

 

毎月返済していても、自分の年収以上の債務を抱えていたら、利息支払が精いっぱいのことがほとんどです。

 

そんなことをしていても、一生借金の完済などできません。どこかで決断しなければいけません。

 

返して行けないと判断したら、なるべく早いタイミングで債務整理も視野にいれるべきでしょう。

 

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。